疲れを溜めない生活をしよう

>

疲れをとるための休息・休養の取り方

普段の生活から実践できる休息の取り方

普段休息がとれないという方、いらっしゃるのではないでしょうか。
疲れをとるためには、いつでも活動を続ける脳を休めることが大切です。
自分自身は体を休めたら、疲れをとれたと思いがちですが、脳は休めていません。
意識的に疲れをとらなければ意味がないのです。
瞑想などがいいのではと思う方もいらっしゃるかと思いますが、
何気ない部分ではありますが、普段の生活の中で簡単にできることをご紹介します。
例えば、歯をみがく、服を着るなどといった日常の動きは無意識に行うことが多いと思いますが、こういうところに意識を向けるように心がけるだけでも、ストレス及び疲れというものを感じにくくすることができるそうです。
また、注意力や集中力が低下した場合には、呼吸の深さやタイミング、呼吸の切れ目を感じ、脳を休めることが大切です。

異常に疲れたときの休養

すでに体が疲れてしまって辛いと思うときは、どうしたらよいのでしょうか。
体が辛いときは、睡眠不足や運動不足といった生活習慣をまずは改善すべきです。
これが疲れの原因となっている可能性が高いです。例えば、食生活が偏っている場合、よく不足するものがビタミンやミネラルです。
これは、食べたものをエネルギーに変えるために必要なもので、野菜や果物に含まれます。
なかなか摂取できない方は、市販で売られているゼリー型のビタミン剤や栄養補給剤などを活用するのも良いかと思います。
特にビタミンの中でも、水溶性ビタミンであるビタミンB1、B6、B12は、疲れに効果がありますので積極的に摂取してくださいね。
食生活は、エネルギーを作るもとですので、大切にしてください。


この記事をシェアする